社食.com

あの海○雄山も唸るかもしれない、いまどきの社員食堂。

社員食堂とは


社食ドットコムについて

【趣旨】

働き方改革の一環として、ワーカーにとって食堂の環境が注目されています。
「タニタ食堂」のレシピ本の大ヒット以降、一般の方々からも注目が集まっている社員食堂。社員食堂は、企業が福利厚生施設としてもっている食堂施設でありますが、かつては単に昼食を済ませる場所に過ぎませんでした。値段は安いが味は今ひとつ、メニューもありきたりで飽きたけど、時間もないからここで済ませておくかという妥協の産物といえるものでした。
しかし、近年では社食の意義を見直す企業が増え、「社食改革」が進んでいます。「働き方改革」をすすめると、社員に対する福利厚生施設の取り組みが注目されることもあり、職場での食堂の存在が、働く人にとって貴重な選択のひとつとなっていることも見逃せません。このような時代の背景からヘルシー志向のメニューの多様化や無料化、スペースの拡大、眺望のよい一等地……のように社員の嗜好を取り入れることだけでなく、打ち合わせスペースや終業後のパーティ、社員同士の交流会に利用するなど、まさに日進月歩で進化しているのが昨今の社員食堂といえます。
また、福利厚生施設の充実度の指標の一つとして、社員食堂の有無やその内容によって就職先を決める学生も現れるなど、社員食堂は今や会社の顔にもなりつつあります。

そんな中、さまざまな個性の社員食堂を紹介させていただいております。

 

【社食ドットコムとは】

社食ドットコムは、大学講師、大学生、企業とそれぞれ違う立場から社員食堂を通じ、企業価値を高める社員食堂のあり方を研究している団体で、プライムナンバー株式会社が運営しています。
現在、紹介企業は東証一部上場企業様を中心に、国会議事堂や農林水産省、自治体といった公的施設も取り上げています。今後はさらにさまざまな職場の食堂を掲載していく予定です。

スーパーバイザー 露木美幸(帝京大学 法学部 准教授)

 

【その他】

【自治体】・社食ドットコムは、関西の自治体連合である関西広域連合(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、徳島県、京都市、大阪市、堺市、神戸市)の依頼により、関西広域連合エリアでの食堂紹介プロジェクト「おいしい!KANSAI応援企業」に参画しています。

【企業】三菱地所が運営するエコッツェリア協会内の「都市食ワーキンググループ」において、取材先食堂の様子を定期的に発表しておりました。

【勉強会】取材先企業の食堂担当者同士の勉強会「社食サミット」を行なっています。第1回はソフトバンク社、第2回はスクウェア・エニックス社、第3回はヤフー社で開催しています。

<メディア出演実績>
テレビ朝日『ワイド!スクランブル』・TBS『はやチャン!』「これ気になっています」・日本テレビ『ZIP』・テレビ東京『ヒットの秘密』・フジテレビ『めざましテレビ』ココ調・北海道新聞・朝日新聞・毎日新聞・TVQ九州放送等多数。

<講演実績>
テーマ「最新の社食事情」「社食がある会社は業績がのびる」など
生活共同組合(CO-OP)、足立区、長野県、国立台湾師範大学(台湾)など

 

【運営】
プライムナンバー株式会社 代表取締役 藤井直樹(社食ドットコム代表、一般社団法人グローバル人材育成研究会 理事) 〒102-0082 東京都千代田区一番町6-1-A504 運営会社プライムナンバー株式会社 TEL 050-5892-7777