社食.com

あの海○雄山も唸るかもしれない、いまどきの社員食堂。

社員食堂訪問記

社食File.47 エイベックス株式会社

1988年、輸入レコードの卸販売業としてエイベックス・ディー・ディー株式会社(旧)として会社設立。1990年に自社レーベル「avex trax」を創設し音楽制作を開始。1998年にエイベックス株式会社に商号変更、1999年東証一部上場。資本金42億7,539万円1,900円。連結売上1,615億9,200万円(2017年3月期)、グループ従業員数:1,455人(2017年3月31日時点)。音楽・アニメ・デジタルを中心とした総合エンタテインメント企業です。

2017年12月、南青山に新社屋が「コミュニケーション・コラボレーションが起きる」「働きがいのある」「エンタテインメント企業ならではの機能を備えている」という3つのコンセプトを持ってグランドオープン。

17階にはアメリカ西海岸をイメージした社員食堂やカフェがある「THE CANTEEN」を設置。多様な用途を想定し、エリアごとに特徴をもたせた作りとなっています。

それではエイベックスさんの新しい社員食堂をご案内いたしましょう!

画像をクリックすると拡大します↓

コミュニケーションを生み出す場としての社員食堂の活用

エイベックスさんが新社屋への移転にあたり、最も考慮したポイントは“会社規模が大きくなることと反比例し、過去の活気が失われてきたと感じていたため、活気溢れた社内へと回帰する必要をがある”ということ。

そこで社内を活性化するためにも、新しいことをやりたいという人たちに、社内をどんどんかき混ぜてもらいたい”と考えた結果、“外部とのコラボレーションが生まれるオフィス”がコンセプトとなりました。

また、社内に活気を取り戻すためには、コミュニケーションの活性化の必要性も感じており、社員が働く執務フロアをフリーアドレス化。これは席を自由化にすることで、社内にも流動性が生まれ、部署の枠を超えたコラボレーションが生まれることを期待してとのことだそうです。

17階に設けられた社員食堂もその考えから、新社屋で一番遊び心のあるフロアとなっています。それぞれデザインが異なっている6つのエリアに分けられており、一人で食べられるところもあれば、多人数でも食べやすいところもあるように設計されています。

それ以外にも食堂内にはプロジェクタや音響システムが組み込まれていますし、DJブース等を設置してイベントを行うなど、様々な用途に対応できるようになっています。これも様々なコラボレーションを生むためのツールとなるそうです。

社員食堂は社員からの要望もあったこともあり、早い段階から設置が決まっていたと言います。設置後、利用している社員からも「従来はなかった他部署との繋がりが、社員食堂でできやすくなった」と、早速コミュニケーション効果が表れています。

新しいコンテンツを生み出すためのオフィスというコンセプト通り、社員食堂もコミュニケーションやコラボレーションが広がるエイベックスさんの社員食堂でした。

 

  • 社食File.46 ヤマト運輸株式会社 羽田クロノゲート
  • 社食File.48 株式会社京都銀行金融大学校桂川キャンパス