社食.com

あの海○雄山も唸るかもしれない、いまどきの社員食堂。

社員食堂訪問記

社食File.59 東京女子医科大学附属八千代医療センター(千葉県)

東京女子医科大学の附属医療施設である八千代医療センターは、千葉県八千代市における急性期医療を担う総合的な病院として、2006年12月に開院しました。

病床数501、医師209人、看護師524人、その他199人(平成30年4月1日現在)のスタッフで運営されており、平成29年度の1日あたりの外来患者数は935人、入院患者数は354人。救命救急センター、臨床研修指定病院、千葉県総合周産期母子医療センター、全県対応型小児連携拠点病院、地域災害拠点病院、地域医療支援病院、DMAT指定医療機関に指定されており、総合周産期母子医療センターとして、ハイリスクの出産にも対応するほか、最上階にヘリポートを設置し、救命救急センター(ICU)を備えています。

地域医療支援病院であり地域の医療機関と機能分担および連携を行っているほか、高度急性期病院として、第三次救急医療に準じた24時間365日体制の救急医療体制で運営されています。

それでは八千代医療センターの職員専用食堂をご紹介いたしましょう。

画像をクリックすると拡大します↓

「新しい歴史をつくっていく」という職員の一体感を高める職員食堂

昨今では親しみやすさを演出するオリジナルキャラクターを設置している病院も多くなっていますが、八千代医療センターでも、病院が広く親しまれ、愛され続けられていくための広報スタッフとして、”Yachiyo Greens ”という8匹のキャラクターが白衣や院内のいたるところに登場し、患者さんの心を癒しています。

そんな同センターの職員食堂も、ガラス越しに望める樹木や清潔感あふれる木目調の机や床で、利用者の心を癒す要素を含んだ施設となっており、院側がこの食堂においてもっとも意識している「利用者同士のコミュニケーション」をバックアップしています。

職員食堂では、医師や看護師、薬剤師などの医療スタッフ、そして事務職員、清掃などの業務を請け負うパートナー企業のスタッフなどさまざまな職種の方が利用していますが、その職種を超えて院内で働く人同士がコミュニケーションが取れるよう配慮されているそうで、サークル活動などの場としても利用できるとのことです。訪問時もさまざまな職種の方が食堂を利用しており、「他の職種の方とのコミュニケーションの場となっている」(男性 理学療法士)という声も聞かれました。

病院に関わる業務を行なう人の食事を提供するだけでなく、地域中核病院として、これからさらに新しい歴史をつくろうとしているスタッフの団結力を高める職員食堂でした。

 

  • 社食File.58 東京医療保健大学(五反田キャンパス)
  • 社食File.60 国際自動車株式会社(東雲センター)