あなたの社員食堂が変わるためのツールをご紹介します

「自社の社員食堂をよりブラッシュアップしたい」「社食の価値を高めたい」と考えるのは、社食担当者であれば共通の想いであるといえるでしょう。
しかし「そもそもどこに問題があるのかわからない」「どうすればより社食を有効活用できるのか?」といったことについて、すぐに回答できる企業は少ないといえるでしょう。

社食ドットコムでは、様々な企業の社員食堂を拝見させていただく中で、社員食堂は単なる福利厚生施設というだけでなく、企業価値を高めるために必須な施設だと捉えています。その可能性を開花させるためにも、社員食堂に関連したツールやサービスを活用してみてはいかがでしょうか。【PR】

社員食堂で導入できるサービス、製品など


Happy Or Not(アロハワークス)

よい社員食堂の要素のひとつが「問題点が改善され、日々満足度が高まる」こと。しかし多くの社員食堂からは「問題点があってもあまり改善されることがない」と嘆く声が。その理由として「利用者の声が食堂運営会社に届きにくい」ことが挙げられます。
社員食堂を委託する企業からすれば「勝手にどんどん良くしてくれるだろう」と考える傾向がある一方、「特に要望がこないから現状で満足されているのだろう」と社員食堂運営会社は考えがちです。そういった両者の溝を埋めるためには、利用者の声を的確に吸い上げ、日々の社員食堂運営に迅速に反映させることが必要となります。
今回ご紹介している「Happy Or Not(ハッピーオアノット)」は、簡単手軽に行えるアンケートサービスです。社員食堂では日々改善させるためのツールとして注目されており、各社の社食満足度向上に一役買っているアイテムです。

会社名株式会社アロハワークス
設立年月日2010年6月11日
事業内容ITコンサルティング、Webサイト制作、HappyOrNot代理店販売
所在地東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグランサウス3階 SENQ京橋内
WEBサイトhttps://happyornot.alohaworks.jp/

御社のサービスについてお聞かせください

「Happy Or Not(ハッピーオアノット)」は世界135カ国、日本では成田空港等でも使われている時間帯やエリア毎の顧客満足度計測ができるサービスです。食堂内や店舗にスマイリーターミナルという専用アンケート端末を設置することで、従来の方法と比べて圧倒的に多くの回答を、低コストで継続的に回収する事ができます。時間帯・場所別の満足度を数値やグラフで可視化し、顧客満足度の向上をサポートいたします。
日本では成田空港のほかにもIKEAや松屋銀座、ニトリなどの小売店、観光案内所やエニタイムフィットネス一部店舗で当サービスをご利用いただいています。

端末は電源、Wifi不要でどこにでも設置可能。質問を設定するだけで、すぐに回答の収集を開始できます。顧客や従業員は4段階のスマイリーボタンを押すことで質問に答えます。集計結果レポートはセキュアネットワーク経由でサーバーに蓄積、ブラウザを使ってスマホ・タブレット・PC等で閲覧することが可能です。

サービス業界においては、顧客経験は貴社商品の一部です。
ビジネスの様々な領域で顧客満足度を測定することで、実際の顧客からインサイト(洞察)を得ることが出来ます。HappyOrNotは、自社が正しい方向に向かっているのかを示し続け、業界の中での自分の業績がどのくらいの位置にあるのかを把握するのを助け、業務改善に関する決定事項をより容易に戦略的なものに変えていくことができます。

社員食堂での導入事例を教えていただけますか?

すでに某大手商社などで利用いただいています。社員食堂では「イベント食」を提供すると売り切れになったりすることがありますが、「珍しさだけで購入されたのか?」「実際の味はどうだったのか?」「ボリュームは満足のいくものだったのか?」といった声は社食運営会社側には届きにくいのが現状です。また「食堂スタッフの応対は満足できるレベルなのか?」といったオペレーションについても、社員食堂利用者の声を聞くことはあまりできません。
よくあるのがアンケート用紙などに記入し利用者の声を集める方法ですが、わざわざ紙に書いて、さらにボックスに入れる必要があるため実際の回答率はかなり低く、しかもごく一部の方の声のみが全体の声と見えてしまうことがあるため、実用性としては低いといえるでしょう。
その点、HappyOrNotでは、食後に気軽に回答できることから、多くの利用者の声を集めることができ、その社員食堂全体の声としてのデータとして活用するこが可能です。
このように、実際に行なったサービスの反響を知り、的確にスピーディに社員食堂に反映させていくことが、よりニーズを捉えた社食運営に繋がっていくことといえます。

コロナ禍において、御社製品の活用事例を教えてください

コロナ禍においては、いくつかわかったことがありますが、その1つが「人々はコロナ禍においても引き続き満足度を事業者側にフィードバックする機会を求めている」ということです。今、お客様がどのように感じ、どのようにブランドとの接点を持っているか、お客様が何を体験しているかを知ることは、これまで以上に重要なこととなっています。HappyOrNotでは、最も労力の少ない、最高品質の顧客体験フィードバックデータを提供するとともに、HappyOrNotスマイリーターミナルでフィードバックを回答し続けてくださる皆様の安全と健康を確保することをお約束します。

最近実施された製品強化は、すべての利用者に安心感を与えるために行われています。今後、スマイリーターミナル™のすべての製品には、抗菌・抗ウイルスフィルムが標準装備されます。また非接触形式によるアンケート回答手段や手指消器ホルダーを搭載するオプションも用意しております。

最後にメッセージをお願いします

ここ数ヶ月の間に、特に危機的な状況下での顧客と企業とのやり取りが、顧客の信頼感や忠誠心に即時的かつ長期的な影響を与えることが、これまで以上に明らかになってきています。そのため、企業が厳しい時代に成功し続けるためには、顧客の満足度を維持することが最優先課題となっています。

企業は、カスタマー・エクスペリエンス・データが、企業内での積極的な業務改革を推進するエンジンの燃料であることを認識しつつあります。このデータは多くの場合、様々な場所から様々な形で提供されますが、多くの企業が直面している課題は、データのどの面に対応すべきかを決定することです。

企業は、多くのデータを収集し、一度に全員をハッピーにしようとして、多くの変更を実施するという過ちを犯すことがよくあります。カスタマー・エクスペリエンス・データを真に有用なものにするためには、最大の課題がどこにあるのか、どの分野に優先順位をつける必要があるのかを見極めるための評価が必要です。

パンデミックによる変化の旋風がすぐに収まるとは思えませんが、この危機を乗り切りたいのであれば、企業は本当に重要なもの、つまり顧客に焦点を当て続ける必要があります。

  1. 【社食訪問記】ソフトバンク株式会社

    2021.07.29

  2. 【エームサービス】社食運営会社に「社員食堂の魅力」について聞い…

    2021.07.09

  3. 【日本能率協会】「社員食堂」に注目しているキーパーソンに聞いて…

    2021.07.06

  4. 【社食訪問記】菅原精機株式会社

    2021.07.05

  5. 【シダックスコントラクトフードサービス】社食運営会社に「社員食…

    2021.06.17

  1. 日本が商業捕鯨を開始 社食で鯨料理が食べられる日は来る?

    2019.07.16

  2. 【社食訪問記】国際自動車株式会社(東雲センター)

    2018.08.06

  3. 【社食訪問記】株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント

    2013.12.19

  4. 【社食訪問記】明治安田生命保険相互会社

    2016.08.24

  5. 食べて応援! 社員食堂で地域に貢献 関西電力株式会社和歌山支社

    2017.03.23