【SDGs社食アワード】ひろがれ!社会に貢献する社員食堂

「SDGs社員食堂プロジェクト」では、社員食堂を有する企業、社員食堂を運営する企業に関わるSDGsの取り組みを募集します。

2022年に社員食堂において、SDGsに取り組んだ活動、イベントなどをお知らせください。

1. SDGs社食アワードとは

社員食堂に関わる、サステナブルなメニュー、廃プラ、フードロス対策、健康への取り組みやフードマイレージ、脱炭素、生物多様性への配慮、飢餓・貧困撲滅への取り組みなど、SDGsの取り組みとなるサービス、イベントなどの取り組みを募集します。

代表的な取り組みを表彰し、社食ドットコムホームページやYouTubeチャンネルで紹介します。

2. 募集内容

自社の社員食堂におけるSDGsの取り組みをお知らせください。

応募テーマ

社員食堂及び社員食堂運営におけるSDGsの取り組みであれば何でも可能。

(例:フードロス対策としてオーダーを前日までに行う/残渣の堆肥化/食材輸送による二酸化炭素削減目的のため地産地消を推進/サステナブルシーフード使用/代替ミートの使用/コーヒーカップの脱プラスティック化/その他SDGsの取組全般)

応募資格

社員食堂運営会社及び社員食堂を有する、法人格のある企業・団体(職域食堂、職員食堂など含む)。

応募条件

企業の場合

一法人につき一応募となります。
(例:本社と工場、それぞれに社食がある場合、一社としてご応募ください。)

社員食堂運営会社の場合

クライアント企業での取り組みをご応募ください

応募方法

各部門記入書をダウンロードし必要事項を記入ののち、下記フォームより送信またはメールにてご送付ください。

社員食堂を有する、法人格のある企業・団体向け記入書
社食運営会社向け記入書

    メールによる送付先

    SDGs社員食堂プロジェクト事務局
    info@shashoku.com

    応募期間

    2023年1月5日~2023年1月31日

    3. 審査方法

    <社員食堂を有する企業の場合>
    ・2022年1月から12月の期間中、自社の社員食堂でSDGsの取り組みを5回以上行う

    <社員食堂運営会社の場合> 下記のいずれかをクリアしていること
    ・2022年1月から12月の期間中、クライアント企業5社以上の社員食堂でSDGsの取り組みを行う
    ・2022年1月から12月の期間中、クライアント企業の社員食堂において10回以上のSDGsの取り組みを行う


    上記条件をクリアした企業を対象に、社員食堂におけるSDGsの取り組みについて、学識経験者や社員食堂の知見等を有する委員により審査。

    審査員(敬称略)

    星野 裕志(九州大学経済学研究院 産業マネジメント部門 産業マネジメント教授)
    丸尾 智雅(一般社団法人日本能率協会)
    藤井 直樹(社食ドットコム代表)

    4. 掲載

    社食ドットコム上に「SDGs × 社員食堂」受賞企業、受賞社食運営企業を掲載させていただきます。2023年2月中旬予定。


    お問い合わせ

    SDGs社員食堂プロジェクト事務局
    info@shashoku.com

    1. 【新春特別企画】社食運営企業トップインタビュー/「どうなる? 20…

      2023.01.24

    2. 【新春特別企画】社食運営企業トップインタビュー/「どうなる? 20…

      2023.01.17

    3. 【社食訪問記】株式会社廣野鐵工所

      2022.12.06

    4. 【資生堂】【社食ニュース/動画】人と人の交差点 シマウマがいる…

      2022.11.24

    5. 【社食訪問記】タキイ種苗株式会社

      2022.11.07

    1. 株式会社スクウェア・エニックス

      【社食訪問記特別編】株式会社スクウェア・エニックス 学生記者取材…

      2013.09.24

    2. 食べて応援! 社員食堂で地域に貢献 株式会社クボタ

      2017.04.26

    3. 食べて応援! 社員食堂で地域に貢献 株式会社カプコン

      2017.03.02

    4. テレ東『カンブリア宮殿』にて社員食堂運営会社がオンエア!

      2019.07.03

    5. 【アロハワークス】「社員食堂」をアップデートするアイテム「ハッ…

      2022.02.08