海外の社員食堂

(IMAGE PHOTO)

欧米などでは社員食堂は Cantten(キャンティーン)と呼ばれ、日本同様社員専用の施設となります。
欧米のグローバル企業の社員食堂はその豪華さがよく話題となりますが、アジアの社員食堂も負けてはいません。
特に近年は中国などのグローバル企業の食堂の勢いがすさまじく、社食ドットコムに「日本の社員食堂へアテンドしてほしい」という問い合わせの多くは、中国・韓国が圧倒的に多い状況で、すでに世界的に有名なそれらの企業の社員食堂の規模・豪華さは羨望すら覚えるものです。

その上で強く感じることは、世界中から優秀な人材を確保したいグローバル企業は、人が働きたい会社の要素として、「食事の重要性がかなり上位にあるということ」をわかっているということです。

「良い会社だから社員食堂に力を入れることができるのか」
それとも
「社員食堂があるから良い会社になるのか」
この「タマゴが先か鶏が先か」問題について、先見性のある企業、10年後も残っていく企業は洋の東西を問わず、同じ答えを持っているといえます。

社員食堂に力を入れるかどうか、でその企業の未来が占えるかもしれません。


  1. 【社食訪問記】ココネ株式会社

    2020.07.30

  2. あの企業の社食を自宅でも!?エームサービスの社食レシピ本が出版

    2020.06.08

  3. 【社食訪問記】プライミクス株式会社

    2020.06.01

  4. 画像認識AIレジシステムのキャンペーン開催中! 【NTTデータ ジェ…

    2020.05.25

  5. 【社食訪問記】阿波市役所(阿波市交流防災拠点施設アエルワ)

    2020.04.09

  1. 【社食訪問記特別編】横浜FC

    2016.07.21

  2. 【社食訪問記】アスクル株式会社

    2008.07.01

  3. オムロン ヘルスケア株式会社

    【社食訪問記特別編】オムロン ヘルスケア株式会社 ボランティアス…

    2013.06.12

  4. 【社食訪問記】伊藤忠商事株式会社

    2018.09.25

  5. 【社食訪問記】ソフトバンクグループ

    2014.10.10