海外の社員食堂

(IMAGE PHOTO)

欧米などでは社員食堂は Cantten(キャンティーン)と呼ばれ、日本同様社員専用の施設となります。
欧米のグローバル企業の社員食堂はその豪華さがよく話題となりますが、アジアの社員食堂も負けてはいません。
特に近年は中国などのグローバル企業の食堂の勢いがすさまじく、社食ドットコムに「日本の社員食堂へアテンドしてほしい」という問い合わせの多くは、中国・韓国が圧倒的に多い状況で、すでに世界的に有名なそれらの企業の社員食堂の規模・豪華さは羨望すら覚えるものです。

その上で強く感じることは、世界中から優秀な人材を確保したいグローバル企業は、人が働きたい会社の要素として、「食事の重要性がかなり上位にあるということ」をわかっているということです。

「良い会社だから社員食堂に力を入れることができるのか」
それとも
「社員食堂があるから良い会社になるのか」
この「タマゴが先か鶏が先か」問題について、先見性のある企業、10年後も残っていく企業は洋の東西を問わず、同じ答えを持っているといえます。

社員食堂に力を入れるかどうか、でその企業の未来が占えるかもしれません。


  1. 日本が商業捕鯨を開始 社食で鯨料理が食べられる日は来る?

    2019.07.16

  2. 社員食堂で東北復興支援活動   河村電器産業(愛知)

    2019.07.09

  3. 招かざる客で社食はパニックに! 中国

    2019.07.08

  4. タブレットで簡単オーダーする“デジタル社員食堂 ” 始まる in マ…

    2019.07.07

  5. 子どもや親子連れとの交流イベントで社食を開放 JR東日本

    2019.07.06

  1. 【社食訪問記】DIC株式会社

    2017.07.03

  2. 【社食訪問記】大日本印刷株式会社

    2011.02.15

  3. 【社食訪問記】株式会社資生堂

    2015.12.21

  4. 食べて応援! 社員食堂で地域に貢献 株式会社サンゲツ関西支社

    2017.04.27

  5. 食べて応援! 社員食堂で地域に貢献 株式会社ワコール(ワコール…

    2017.03.09