日本が商業捕鯨を開始 社食で鯨料理が食べられる日は来る?

2019年6月30日、国際捕鯨委員会(IWC)を脱退した日本は、翌7月1日より調査捕鯨を終了し商業捕鯨を開始。日本の領海及び排他的経済水域に限定しており、南極海・南半球では調査を含め捕獲は行わないと発表しています。

農林水産省資源管理部国際課によると
「クジラの種類は80種類もおり、シロナガスクジラのような絶滅危惧種もいればミンククジラのように豊富な資源量の種もいる。持続可能な方法で捕鯨を行なう方針で、シロナガスクジラのように個体数の少ない種類については積極的に保護に取り組んでいる」とのことで、2019年末までの捕鯨漁獲枠は「科学的算出方法により捕鯨枠を決定」しており、ミンククジラ52頭、ニタリクジラ150頭、イワシクジラ25頭となっています。

<社食で鯨メニューを食べることができる?>

漁獲量や流通ルート、諸問題を鑑みても、一般企業の社食で鯨がメニューとして提供される可能性は低いと考えられますが、現在でも和歌山など捕鯨基地のある地域では、県庁などの職員食堂で提供されることがあります。
また、社食ドットコムが取材に訪れた東京・霞が関の農林水産省の社員食堂「手しごとや 咲くら」では鯨カレー御膳や鯨シチュー御膳といった鯨料理が提供されていました。
農林水産省 職員食堂 「手しごとや 咲くら」
こちらは一般の人も利用できる人気食堂でもありますので、「利用してみたい」というかたは足を運んでみてはいかがでしょうか。

【Source】水産庁プレスリリース 商業捕鯨の再開について より
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/190701.html

関連記事一覧

  1. 海外の企業による社食見学事例

  2. 【写真】会期中、エームサービス社のブースで社食講座を行なう”社食の神様”こと高山氏

    「総務・人事・経理ワールド2018」が開催されました。

  3. 社食イベントレポート - ストウブ

    社食イベントレポート – ストウブ

  4. 社員食堂でサステナブル・シーフードを提供  JXTGホールディングス

  5. ファンケル社の社員食堂がリニューアル。神奈川県『ME-BYO BRAND』取得に伴い試食会を開催

    ファンケル社の社員食堂がリニューアル。神奈川県『ME-BYO BRAND』取得に伴い試食会を開催

  6. フジテレビの社員食堂が一般開放! 「ようこそ!!ワンガン夏祭り THE ODAIBA2019」

  7. ヤフー本社社員食堂で北九州フェア開催!

    ヤフー本社社員食堂で北九州フェア開催! 食材活用で地域貢献も

  8. 「社員食堂健康づくり応援メニュー(ACE メニュー) コンテスト(第3回)」の応募を開始 長野県

  9. 企業の社員食堂担当者による勉強会「社食向上委員会」のご案内

  10. 画像認識AIレジシステムのキャンペーン開催中! 【NTTデータ ジェトロニクス】

  11. 社食や総務の展示会 総務人事経理ワールド2019

    総務・人事・経理ワールド2019に行って来ました

  12. タブレットで簡単オーダーする“デジタル社員食堂 ” 始まる in マレーシア

  13. テレ東『カンブリア宮殿』にて社員食堂運営会社がオンエア!

  14. ソフトバンクホークス優勝記念特別セール

    2年ぶり! ソフトバンクホークス優勝記念特別セールが本社社員食堂で開催!

  15. いなり寿司で日本を元気にするプロジェクト「元気いなりプロジェクト」

  1. 画像認識AIレジシステムのキャンペーン開催中! 【NTTデータ ジェ…

    2020.05.25

  2. 【社食訪問記】阿波市役所(阿波市交流防災拠点施設アエルワ)

    2020.04.09

  3. 【社食訪問記】滋賀文教短期大学

    2020.04.06

  4. 【社食訪問記】三菱地所株式会社

    2020.04.01

  5. 【社食訪問記】カルビー株式会社湖南工場(滋賀)

    2020.03.27

  1. 日本が商業捕鯨を開始 社食で鯨料理が食べられる日は来る?

    2019.07.16

  2. 【社食訪問記】株式会社東京放送ホールディングス(TBS HD)

    2014.12.26

  3. 【写真】会期中、エームサービス社のブースで社食講座を行なう”社食の神様”こと高山氏

    「総務・人事・経理ワールド2018」が開催されました。

    2018.08.07

  4. 【社食訪問記】ソニー株式会社(リニューアル)

    2016.05.26

  5. 【社食訪問記特別編】JFEエンジニアリング株式会社 学生記者取材編

    2011.09.06