【社食訪問記】農林水産省

農林水産省
農林水産省

霞ヶ関に行ったら、鯨や鹿肉などを食べて食料自給率に関心を持とう!

一般利用可能な農水省の食堂には、他省庁からも足を運ぶ人気のメニューがあった


今回ご紹介するのは、食料安定供給や農業・林業・水産業の発展といった日本の食料行政の総本山、農林水産省さんです。お昼時となると近隣の省庁からも多くの利用者が訪れるという噂の食堂とは・・・?

一般の人が利用できるのは、「おむすび権米衛」と、そば・うどんの「日豊庵」、そして和食・カフェテリア「手しごとや 咲くら」ですが、今日はその中で最も広い食堂「手しごとや 咲くら」をご案内しましょう!



まとめ

現在我が国の食料自給率はカロリーベースで39%と先進国の中でも最低ですが、農水省としては「目標値は50%として施策を行なっている。生産者保護と食文化の観点から食料自給率の意識を高めていくことが必要」とのことです。

同省の「食料需給表」によると、昭和30年後半には年間120㎏近くあった一人あたりのお米の消費量は、半分の60㎏弱まで下がっています。

お米の消費が少なければ、食料自給率も下がるため、米粉などの普及に力を入れている一方、農水省が食堂を一般にも開放しようとしたきっかけは、「食料自給率について関心を持ってもらう」ことが目的で、そのためメニューに食料自給率を記載しているそうです。

そんな思いが込められた食堂「咲くら」の食事。みなさんも一度味わってみはいかがでしょうか。


農林水産省

東京都千代田区霞が関1−2−1

記事の内容は取材および掲載時点の情報であり、最新の情報を反映・担保するものではありません。

【活動リリース】2019/10/12 「令和元年台風第19号に関する農林水産省緊急自然災害対策本部」の第2回会合の開催について
【活動リリース】2019/10/11「食かけるプライズ」表彰事例の決定について
【活動リリース】2019/10/04 食品ロス削減に資する小売店舗における啓発活動について~10月は食品ロス削減月間です~
【活動リリース】2019/10/04 米に関するマンスリーレポート(令和元年10月号)の公表について
【活動リリース】2019/10/01 「令和元年度鳥獣対策優良活動表彰」表彰候補の募集について

関連記事一覧

  1. ヤマトホールディングス株式会社 羽田クロノゲート 見学コース編

    【社食訪問記特別編】ヤマトホールディングス株式会社 羽田クロノゲート 見学コース編

  2. 食べて応援! 社員食堂で地域に貢献 株式会社クボタ

  3. 【社食訪問記】株式会社ファンケル

  4. ヤフー株式会社

    ヤフーCSRレポート「日本一、被災地を支援している社員食堂を目指すBASE6」

  5. 【社食訪問記】大塚化学株式会社(徳島工場)

  6. 【社食訪問記】東京ガス株式会社

  7. 【社食訪問記】株式会社アダストリア

  8. 【社食訪問記】コーセー王子研修センター(株式会社コーセー)

  9. 【社食訪問記】東京大学医学部附属病院

  10. 【社食訪問記】株式会社アシックス

  11. TOTO株式会社

    【社食訪問記特別編】TOTO株式会社 学生記者取材編

  12. 【社食訪問記】ヤフー株式会社

  13. 株式会社資生堂

    【社食訪問記特別編】株式会社資生堂 学生記者取材編

  14. 【社食訪問記】パソナグループ

  15. 【社食訪問記】株式会社東京放送ホールディングス(TBS HD)

  1. あの企業の社食を自宅でも!?エームサービスの社食レシピ本が出版

    2020.06.08

  2. 【社食訪問記】プライミクス株式会社

    2020.06.01

  3. 画像認識AIレジシステムのキャンペーン開催中! 【NTTデータ ジェ…

    2020.05.25

  4. 【社食訪問記】阿波市役所(阿波市交流防災拠点施設アエルワ)

    2020.04.09

  5. 【社食訪問記】滋賀文教短期大学

    2020.04.06

  1. 大和ハウス工業株式会社

    【社食訪問記特別編】大和ハウス工業株式会社 ショールーム取材編

    2015.08.12

  2. 【社食訪問記】TOTO株式会社

    2014.03.04

  3. 【社食訪問記】株式会社ロック・フィールド

    2020.01.27

  4. 食べて応援! 社員食堂で地域に貢献 株式会社クボタ

    2017.04.26

  5. 株式会社リクルートホールディングス

    【社食訪問記特別編】株式会社リクルートホールディングス 学生記者…

    2013.07.19