社食.com

あの海○雄山も唸るかもしれない、いまどきの社員食堂。

社員食堂訪問記

社食File.58 東京医療保健大学(五反田キャンパス)

東京医療保健大学は、4学部6学科、1専攻科、2大学院修士課程・博士課程を有する医療系大学です。2005年、NTTよりNTT東日本関東病院附属高等看護学院を移譲され、東京医療保健大学となり、医療保健学部(看護学科、医療栄養学科、医療情報学科)を設置。2007年には大学院医療保健学研究科を開設。その後2010年、東京・目黒区に東が丘看護学部(2014年に東が丘・立川看護学部に名称変更)及び看護学研究科を同時開設。2018年には、千葉県船橋市に千葉看護学部を、和歌山県和歌山市に和歌山看護学部を開設しています。2017年度の看護師国家試験の合格率は100%(合格者数は全国最多!)であったという同大学。また、今年度は開学から14年目を迎え、看護職養成では日本最大規模を誇る大学となるなど発展を続けています。各キャンパスに提携する中核医療機関が隣接しているため、学生は日々最前線の医療現場で学ぶことができるのが特長の大学です。

今回ご紹介するのは本部のある五反田キャンパス。同大学の学生食堂をご紹介しましょう!

画像をクリックすると拡大します↓

リラックスする場所であり、勉強する場所でもある学生食堂

東京医療保健大学(五反田キャンパス)は、隣接しているNTT東日本関東病院と提携関係にあり、実習先となっています。他のキャンパスも同様に近隣の先進的な病院施設と提携しており、看護師、管理栄養士、診療情報管理士などの協働を経験することができる大学です。

このような実習先病院が近くにあるため、学生も将来働く姿がイメージしやすくなり、結果的に「働く意識の高さや実践力を備えている」と、就職先となる病院からも高く評価されているのが同大学の学生の特長といえます。

学生食堂では、学生ということもありなるべく安価かつ栄養バランスを重視したメニューが提供されています。

「比較的実家から通学している学生が多いとはいえ、やはり好きなものばかり食べる傾向がありますので、栄養バランスを考えて小鉢を提供したり、抜きがちな朝食も提供しています」(食堂を運営する森永商事の森永社長)。

医療系の大学とはいえまだまだ二十歳前後の学生ばかりの食べ盛り?ということもあり、がっつり食べる学生も多いとか。

「学生自身はまだカロリーや栄養成分を気にする年齢でもないでしょうが、働き始めたときに食べ物が身体に与える影響なども考える仕事になりますので、そのきっかけとなるようカロリーなどの表示も積極的に行なっています」(同)とのことでした。

学生食堂は、授業の合間に利用するリラックススペースであると同時に、勉強するためのラーニングエリアでもあります。

そのため、「なるべく気軽に利用してもらえるように」と給茶器のコーヒー、烏龍茶、お茶、水などは無料で提供しているほか、店長など調理スタッフと学生間のコミュニケーションも積極的に行なっているとか。食堂横に売店(ミニコンビニ)もあるので文房具やお菓子などもすぐに調達可能です。

学生にとって体づくりと同時に貴重な学びの空間にもなっている、東京医療保健大学(五反田キャンパス)の学生食堂でした。

 

  • 社食File.57 東京大学医学部附属病院
  • 社食File.59 東京女子医科大学附属八千代医療センター