【社食訪問記】三菱ふそうトラック・バス株式会社

三菱ふそうトラック・バス株式会社

1932年、ふそうの名を冠した第1号車、B46型集合自動車を製造した三菱造船株式会社(当時)。その後社名変更・分割統合を経て1964年に三菱自動車工業となり、運輸面で日本の経済成長を牽引するとともに事業規模も拡大。その後2003年にトラック・バス部門と産業用エンジン部門が独立し、現在の三菱ふそうトラック・バス株式会社となりました。

さらに2004年ダイムラー・クライスラー社による出資比率が65%(2011年に89.29%に)となり、ダイムラーグループへ。ダイムラーの商用車事業部門として、小型トラック開発の中核を担っており、2017年にはメーカーとして世界初となる小型電気トラックを発売しました。加えて、ハイブリッドおよび電気トラック開発も進めており、ダイムラー・トラック・アジア(DTA)としてダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ(DICV)と協業し、研究・開発、調達、生産、販売の最適化を図っています。2019年7月現在、国内に4つの開発・生産拠点、また全国各地に販売・サービス拠点を有しており、資本金は350億円、年商は7291億6600万円、従業員数10,000人というトラック・バス、産業用エンジンメーカーです。

同社は2019年1月に川崎第1工場へ本社を移転すると、同年4月には社員食堂もリニューアル。各部署から選抜された食堂リニューアルのプロジェクトチームにより、バラエティ豊富なメニューやヘルシーなデリコーナーなど社員の満足度の高い社員食堂が完成しています。それではご紹介しましょう!



まとめ

働き方や国籍の違いを考慮した、グローバル企業ならでは、の社員食堂

2019年1月、三菱ふそうトラック・バス株式会社は、JR新川崎駅前にあった本社及び川崎第2工場を川崎第1工場に集約しました。

移転計画の段階で、川崎第1工場には約1,000人が増員となることもあり、社員食堂の利用の問題が噴出。従来は生産現場で働く社員の割合が高かった同社の社員食堂ですが、本社勤務だった経営陣や管理部門や営業部門などの社員が増えることに加え、移動してくる部門からは、ダイムラーの本社があるドイツや、トラック工場のあるインドを始め、50カ国以上にものぼる外国籍の社員が多数在籍していることも加味した新しい社員食堂づくりが必要となっていました。

そこで2017年の秋に各部署から選抜された社員による食堂リニューアルプロジェクトチームが設置されました。プロジェクトチームでは、メニュー増による「選択制」、食堂の利用方法や料理の提供方法の「多様性」、食堂の雰囲気による「楽しさ」、机や椅子など食堂利用時の「快適性」といった4つのコンセプトを掲げ、生産部門と事務部門との求められるメニューの違い、多国籍の社員が満足する社員食堂づくりなどを目指し、他社の社員食堂の見学をして、メニュー、代金の精算方法、ファニチャーの選択など熱い議論を繰り広げ、課題をクリアしていったそうです。

その結果、毎日8種類もの中から選べるデリコーナー、新たに4階にフルサービスのレストランを新設、大型デジタルボードでのメニュー表示、作りたてが食べられるシェフスペシャル、職場の違いによる利用時間のシフト化、精算方式を交通系IC化、カフェでのパンやハンバーガーなどの販売など、従来の社員食堂では補いきれていなかった社員や利用者の要望を取り入れた新しい社員食堂として2019年4月にオープンとなりました。

リニューアルオープンに際し、社員には、社員専用のスマートフォンアプリに新しい食堂の内容を「見える化」して数回にわたり事前に告知。利用へ期待値を高めるとともに、実稼働時の戸惑いを減らすという施作まで行なっています。

同社のシックCEOは「世界各国で大きな変化が起きており、この変化に柔軟に対応していくことが重要になっている。常に新しい現実に合わせていきたい」と語っています。そのために「製品」「プロセス」「人材」といった3つの目標を立てて行動するとし、中でも「人材」が最も重要であるとされており、従業員の労働環境を改善し業務効率化が図られています。もちろん社員食堂のリニューアルもその一環であり、社員の反応もその効果の高さを表しているといえそうです。


三菱ふそうトラック・バス株式会社

Mitsubishi Fuso Truck and Bus Corporation

神奈川県川崎市中原区大倉町10番地

記事の内容は取材および掲載時点の情報であり、最新の情報を反映・担保するものではありません。

【企業活動リリース】2019/10/28 ダイムラー・トラックとバス部門は主要地域への全新型車を2039年までにCO2ニュートラル車として投入
【企業活動リリース】2019/08/30 三菱ふそうトラック・バス株式会社は、ドライバー異常時対応システム(Emergency Driving Stop System:EDSS)を新規搭載し、バス運転手と乗客双方の安全確保をさらに強化した大型路線バス「エアロスター」の2019年モデルを発表。「エアロスター」2019年モデルは、9月より全国の三菱ふそう販売会社及び三菱ふそう地域販売部門からの販売を開始される。

関連記事一覧

  1. 【社食訪問記】株式会社ファンケル

  2. 【社食訪問記】大和ハウス工業株式会社

  3. 食べて応援! 社員食堂で地域に貢献 関西電力株式会社和歌山支社

  4. 株式会社スクウェア・エニックス

    【社食訪問記特別編】株式会社スクウェア・エニックス 学生記者取材編

  5. 西武鉄道株式会社

    【社食訪問記特別編】西武鉄道株式会社 学生記者取材編

  6. 【社食訪問記】株式会社日立製作所(「産業・流通」「水」ビジネスユニット)

  7. 【社食訪問記】東京大学医学部附属病院

  8. 【社食訪問記】マクセル株式会社

  9. 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント

    【社食訪問記特別編】株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント 学生記者取材編

  10. 【社食訪問記】国際自動車株式会社(東雲センター)

  11. 【社食訪問記】日立造船株式会社

  12. TBS×社食ドットコム「タイ王国大使公邸ダイニングルーム」

  13. 【社食訪問記】株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント

  14. 【社食訪問記】味の素冷凍食品株式会社 関東工場

  15. 【社食訪問記】オムロン ヘルスケア株式会社

  1. 【社食訪問記特別編】YKK株式会社 学生記者取材編

    2019.11.21

  2. 【社食訪問記】YKK株式会社

    2019.11.21

  3. 【社食訪問記】中之島三井ビルディング ダイニング CUIMOTTE

    2019.10.09

  4. 【社食訪問記】日本ペイントホールディングス株式会社

    2019.08.22

  5. 社員食堂でサステナブル・シーフードを提供  JXTGホールディ…

    2019.08.20

  1. テーブルフォーツー(TFT) 特別インタビュー

    2012.03.29

  2. 【社食訪問記】YKK株式会社

    2019.11.21

  3. 【社食訪問記特別編】東京エレクトロン株式会社 学生記者取材編

    2011.07.01

  4. 食べて応援! 社員食堂で地域に貢献 株式会社堀場製作所 HORIBA B…

    2017.12.14

  5. 【社食訪問記】エイベックス株式会社

    2018.02.22